全国シンポジウム「いま改めて考えよう地層処分」

大阪会場

開催日時2015年10月16日(金)  13:00~
会  場梅田スカイビル
タワーウエスト3階 ステラホール
来場者数307名
プログラム
開会あいさつ
 関総一郎 (近畿経済産業局長)
パネルディスカッション
 (テーマ)
 ・処分地の適性の考え方
 ・段階的な処分地選定と科学的有望地の位置づけ
 <パネリスト>
杤山修 (原子力安全研究協会 技術顧問、地層処分技術ワーキンググループ委員長)
亀井玄人 (日本原子力研究開発機構 基盤技術研究開発部長)
小林大和 (資源エネルギー庁 放射性廃棄物対策課長)
梅木博之 (原子力発電環境整備機構 理事)

<モデレーター>
松本真由美 (東京大学 教養学部 客員准教授)
質疑応答
 会場の皆さまからのご質問・ご意見とパネリストによる回答
閉会
開会あいさつ 開会あいさつ
パネルディスカッション パネルディスカッション
 ■当日の模様を映像でご覧いただけます ※この動画はホームページ用に編集しております。
パネルディスカッション

 ■シンポジウム関連資料
シンポジウムに関する資料は下記よりご覧いただけます。

説明用参考資料
資源エネルギー庁&
NUMOリーフレット
NUMOパンフレット
JAEAパンフレット
安全評価のスライド(JAEA)
日本を代表する岩種および
地下研究所のスライド(JAEA)
NUMO出前説明・
意見交換会のご案内
 


▲ ページの先頭へ


NUMO原子力発電環境整備機構     資源エネルギー庁



主催:経済産業省・資源エネルギー庁、原子力発電環境整備機構(NUMO)
後援:文部科学省、日本原子力研究開発機構、日本経済団体連合会、日本商工会議所、経済同友会、全国商工会連合会、日本原子力学会、
        電気事業連合会、関西電力株式会社