放射性廃棄物の地層処分

人間が何らかの活動をすると、必ず廃棄物が発生します。一般の家庭からは台所などからごみが出ます。私たちは、そのごみを分別して有用なものとごみとを分け、有用なものはリサイクルします。発電の場合も例外ではなく、さまざまな廃棄物が出ます。
エネルギー資源に乏しい日本では、ウラン資源を有効利用するため、原子力発電で使い終えた燃料をリサイクルして、ウランやプルトニウムを取り出し、再び燃料として利用する原子燃料サイクルを進めています。
このリサイクル(再処理やMOX燃料加工)の過程やそれらの施設を解体する時にも放射性廃棄物が出ます。このうち、高レベル放射性廃棄物と一部の低レベル放射性廃棄物は、私たちの生活環境から長期間にわたり隔離する必要があります。そのため、地下300メートルより深い安定した岩盤へ埋設=地層処分します。
地層処分と聞くと、「地下に放り込んで後は知らん顔というイメージを持たれる方もおられるのではないでしょうか。しかし、地層処分は深い地層が持っている特性を活かし、さまざまな分野の科学技術を総動員して初めて完成するシステムなのです。
期間が限られていれば、人間の管理により安全性を確保することが可能ですが、寿命の長い放射性物質が含まれている廃棄物については、数万年以上にわたる有効な対策を考える必要があります。
地下深くには、一部の石炭や鉱石のように1億年以上にわたりほとんど地層中での位置を変えずに存在しているものがあるという例が示すように、地層処分では地表に比べて超長期にわたって安定である深い地層の環境に着目します。私たちや私たちの子孫が廃棄物からの放射線と地下水に溶け出す放射性物質による影響を受けないよう、長期にわたって安定し、物質を閉じ込める性質を有する岩盤と人工的な複数の障壁との多重の障壁により、廃棄物を長期にわたって人間の生活環境から隔離する方法が地層処分です。このようにすることによって、長期にわたって管理することなく安全性が確保されるのです。日本列島の地下にも長期にわたって安定した地質環境が存在しています。
この考え方は、人間の管理によって安全性を確保するというこれまでの考え方とは異なるので、なかなかなじめないかもしれませんが、この自然の力を利用するという考え方は地層処分の安全のしくみを理解するうえで鍵となるものなのです。そして、この方法が本当に安全なものであるかどうかを判断するためには、遠い将来の安全性を確かめる必要があります。
そのため、深い地下の岩盤や人工的な障壁の変化などについて、「もし…したらどうなるか?」といったケースを設定し、それに基づきシミュレーションを行って安全性を評価します。