丸の内キッズジャンボリー2017

「丸の内キッズジャンボリー2017」

開催日:2017年8月15日(火)~8月17日(木)

 

丸の内キッズジャンボリー2017

 

2017年8月15日(火)~17日(木)、東京国際フォーラムの夏休みイベント「丸の内キッズジャンボリー2017」に出展しました。

 

「丸の内キッズジャンボリー2017」は子どもたちへ、未来の夢を育む感動・発見・驚きを届けたいという想いをコンセプトに東京国際フォーラムが2007年から毎年開催しているイベントで、今年もたくさんの来場者(主催者発表:3日間で延べ111,000人)で盛り上がりました。

 

そのような中、NUMOの出展ブースでは、「みんなで考えよう!原子力発電のごみの処分」と題し、高レベル放射性廃棄物の存在や処分方法について映像などで紹介した後、「いろいろな国が取り組んでいる高レベル放射性廃棄物の処分方法はどれ?宇宙処分・海洋底処分・氷床処分・地層処分の中から選んでね」というスーパーボールを用いた確認クイズに挑戦していただきました。   

 

質問:「いろいろな国が取り組んでいる高レベル放射性廃棄物の処分方法はどれでしょうか?次の中から選んでね」

1.宇宙処分 2.海洋底処分 3.氷床処分 4.地層処分

 

また、ブース内には、7月28日に国から提示された「科学的特性マップ」を掲示し、日本における地層処分の現状などについてご説明するなど、たくさんの方とふれあい、地層処分について知っていただくことができました。

 

kids2017_1.jpg kids2017_2.jpg
kids2017_3.jpg kids2017_4.jpg

 

ブースを訪れたみなさまからは「こういう問題があるとは知らなかったが、勉強になった」「難しい問題だが、こういう場所でPRすることは重要だと思う」といった声をいただき、とてもよい機会となりました。

 

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。