NUMOトップ  >  PRライブラリー  >  ワークショップ  >  ワークショップ 北海道(2009年9月1日~2日開催)

ワークショップ 北海道(2009年9月1日~2日開催)

平成21年9月1日(火)~2日(水)青森県上北郡六ヶ所村の六ケ所原燃PRセンター、原子燃料サイクル施設、青森市の日本原燃サイクル情報センターにおいて、エネルギー環境問題に関心を持つ北海道函館近隣在住の方々に参加いただき、原子燃料サイクル施設等の見学会とワークショップを開催しました。

初日の見学会では、六ケ所原燃PRセンターにて、原子燃料サイクルの概要について説明を受けた後、使用済燃料からウランやプルトニウムを取り出す再処理工程、高レベル放射性廃棄物、低レベル放射性廃棄物等の展示を見学し、その後日本原燃株式会社の再処理工場、高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター、低レベル放射性廃棄物埋設センター等の施設見学を行いました。

2日目のワークショップでは、参加者が4人一グループとなり、NPO法人あすかエネルギーフォーラムのメンバーによるファシリテートのもと、フリップを使った一問一答クイズに答えながら原子燃料サイクル、高レベル放射性廃棄物について活発な議論が行われました。参加者からは、「原子力の良いことも悪いことも早く正確に真実を伝えることが大切」、「一番エネルギーを消費している都会の人たちに、もっと考えてもらうことが必要」などの意見、「地下に埋める以外のガラス固化体の処分方法」、「処分地として適している地層」、「今後のエネルギー源のバランス」などについての質問が寄せられ、それをもとに意見交換が行われました。

w090917_img_01.jpg w090917_img_02.jpg

ページTOPへ