NUMOトップ  >  PRライブラリー  >  ワークショップ  >  ワークショップ 石川県(2010年1月29日開催)

ワークショップ 石川県(2010年1月29日開催)

2010年1月29日(金)石川県金沢市において、エネルギー環境問題に関心を持つ石川県在住の方々に参加いただきワークショップを開催しました。

ワークショップでは、参加者が4~5人一グループとなり、NPO法人あすかエネルギーフォーラムのメンバーによるファシリテートのもと、NUMOによる高レベル放射性廃棄物に関するレクチャーとフリップを使ったQ&Aを交えながら、高レベル放射性廃棄物の地層処分について活発な議論が行われました。参加者からは、「日本は火山帯にあるが、最終処分地をどのように探すのか」、「子どもたちへの教育は、何か考えているのか」、「論理的には安全だと理解できるが、不安は残る」などの質問・感想が寄せられ、それをもとに意見交換が行われました。

また、参加者によるワークショップ参加後の感想としては、「今日参加したことで、高レベル放射性廃棄物の問題を知ることができたが、一般の人は知らない人がたくさんいると思う。押しかけて行って直接話したら身近な問題として感じることができるのではないか。」、「講演会やリーフレットなどによる一方的な情報では、真剣に考えることはできないと思う。このように自分でしっかり考える機会を与えてもらうことで、初めて自分たちの使っている電気の廃棄物の処分がどうなっているのか真剣に考えるようになる。」などがあげられていました。

w100129_img_01.jpg w100129_img_02.jpg

ページTOPへ