NUMOトップ  >  PRライブラリー  >  ワークショップ  >  高レベル放射性廃棄物ワークショップ 北海道 (2010年11月17日開催)

高レベル放射性廃棄物ワークショップ 北海道 (2010年11月17日開催)

平成22年11月17日(水)北海道札幌市において、エネルギー環境問題に関心をお持ちの札幌市近郊在住の方々にご参加いただき、ワークショップを開催しました。

ワークショップでは、参加者のみなさんが6~7人一グループとなり、NPO法人あすかエネルギーフォーラムのメンバーによるファシリテートのもと、NUMOによる高レベル放射性廃棄物に関するレクチャーとグループごとにまとめた質問に対する回答を交えながら、高レベル放射性廃棄物の地層処分について活発な議論が行われました。

参加いただいたみなさんからは、「日本において処分する場所が決まらない場合どうするのか」「地層処分地が決まった場合、誰がどのようにして何万年も管理するのか」「NUMOはなぜ民間なのか。国はどうかかわっているのか」「高レベル放射性廃棄物という言葉をどれだけの人が理解しているのか。やはり小さい時からの教育が重要だと思う」といったご意見や質問などがあげられました。

w101117_img_01.jpg w101117_img_02.jpg

ページTOPへ