巨峰チーム
今いちばん思うことは、生活者レベルでよーわからんわ!技術者レベルでの話はいっぱいあるけど、実際はどこでどうなんだ?例えば、国はどうしたいのか?新聞に宣伝が出てない。国民にわかるように、そういう情報はないですね。テレビでもなかなかないですね。であれば、選挙の時にきちんとしたマニフェストを作るのであれば、例えば原発○×サインまで言われてます。でも原発は止めようが○であろうが、×であろうが、高レベル廃棄物はあります。じゃーそれをどうするんですか?ということをマニフェストに書くような政策ていうか政党が欲しい。そのためには、国民がもっと知らなければならない。生活者レベルで書いて欲しい。全体的にいいとこ取りで説明不足。やっぱりまだ我々は、ベクレル、シーベルト、専門用語がよくわからないというのが結構あります。もう一回言いますけど、不可避の現実であるということをもっと知らなければいけない。できればもっとゴミも減量なんだから、もうちょっと減らしてから埋めてもいいんじゃないのとか?処分地手挙げる所がないけど、どうしたらいいのか?宇宙に飛ばすのにも難しいとNUMOの方から答えていただきました。処分場の広さ、結構気になります。1、2ヘクタール、1キロ四方か?2キロ四方か?ということを聞いております。だったら、日本だけで考えずに、例えば、尖閣は問題だけど、竹島で韓国と一緒に仲良くレベルを高めればですね。日本も技術レベルが上がるんじゃないですかね!ただ埋めることだけを考えるんじゃなく、もうちょっとよく考えて、それこそ日本の出番じゃないかと。こういう廃棄物処分についてもクリーンについても。とかいろいろ意見が出ました。大変賑やかなグループでした。本当に政府は大丈夫か?そしたら一つ意見がありました。政治家を選ぶのは、我々だから、だから我々はしらなければならない。戻るんですが、やっぱり不安ですね!食品じゃないけど、安心と安全は違う、人体に影響するまでわからんと。いいかえれば生活者レベルで説明してもよくわからんということでございます。