ぶどうグループ
福島の瓦礫処理の問題がどう考えられているのかっていうことが、今話題にのぼったんです。日本は狭い島国ですし、やっぱり自分の国の処理は自分のとこでしないとだめやけど、いろいろうちに持ってきたらどうとかこうとかいう問題はあるんですけどね。私なんていうのはなんかこう興味がありまして、いろんな新聞なんか見て、ちょっと申し込もうかなと思って、申し込んで抽選に当たれば来るんですけどね。私の周りなんて、全然興味のない方は、わからない方が多いんです。やっぱりこういう瓦礫の問題にしても、放射能のことにしてもね、もうちょっとわかりやすく国民に広く知らせてくれるような活動もしてほしいと思うんです。でないと、今日の私の感想なんですけど、今日のテーマは電気の廃棄物のことでございますよね、それがやっぱりこれだけあるっていうことも今日初めてわかったことですし、だから今も、絶対放射能、原発駄目っていうことではなくて、その廃棄物の処理っていうことも、やっぱりそういうことを知らない方がいっぱいいると思うんです。だから、全国民じゃなくても、やっぱりある程度の人に広く知らせる活動っていうのもしていただくことが必要じゃないかなと思うんです。
それとあとね、瓦礫の処理のことなんですが、被災地の方の思いはどうなのかっていうこともね、ちょっとあるんですね。やっぱりそこの方って、原発の恩恵で生活されてる方がいっぱいいらっしゃると思うんですよ。だから、いろんなことに対して発言もやっぱりしにくいこともあるでしょうし、原発駄目になってしまえば、そこの町は絶対生活がかかりますので、そういうこともいろいろ考えていただきたいと思います。