オレンジグループ
質問としまして、1本のガラス固化体に、1本に燃料集合体が何本分納められるのかっていうのがわからないということでした。
それから最終処分地として、離島とか炭鉱跡地とか、火星を処分地にできないのかなっていう意見も出ました。
あと、日本に原子力発電所を作る段階で、活断層がないか調べたはずなんですけど、今また活断層があるっていう状態で、地層が動かないところがそもそも日本にあるのかっていう大きな疑問があります。
そして論点です。コミュニケーションのほうなんですけれども。
専門家と非専門家のコミュニケーションをしなければならないっていうお話があったんですけれども、そもそも専門家と非専門家のコミュニケーションを持つことができるというか、馬を川へ連れてっても馬に水を飲む気がなければ飲まないように、関心もない人にいかに関心を持ってもらって、その知識を吸収してもらうかっていう、そこが重要なんじゃないでしょうか。それと、あとネガティブな発言をされる専門家がマスコミに出てきて、そういう方は脚光を浴びるんですけれども、その方が果たして本当に信頼できる専門家なのかということは疑問ですよね。
それと、今回の選挙で100年間変わらない政策が安定的に保たれるか。180度変わったわけですから、本当に変わらずに今の制度を続けていくことができるのかという不安とか。こうして私たちが一生懸命がんばって、国会もがんばって、それなのに最終的に決まったその土地の市長さんが駄目って言ったらもうおしまいになってしまう、今のシステムでいいんでしょうかっていう意見が出ました。以上です。