みどりうさぎ
皆さんいろいろ意見が出ましたけども、いちおう3つのカテゴリーに並べてみました。皆さんの意見が上のほう、安全性に対する疑問、不安ということで、想定外のことが起こる可能性はないかとか、時間経過による軽減しかなくてそれがもどかしいんじゃないかと。もっと科学が進歩して軽減できる発明が望まれるとかですね、問題にあった10万年とか100万年とかいう年数が出ると、かえって恐怖感というか大変なものだというイメージが与えられるんじゃないかっていうような意見もありました。あと皆さん気にしていたのが、諸外国との違いが気になったということで、つい数日前にフィンランドの地層処分の施設についての報道とかあったりしましたけども、諸外国では理解が進むのに、日本とイギリスは理解が進まないというところ、そこがなんで違うのかっていうのが知りたいですね。その処分の方法については、他の諸外国で進めているものと、日本で計画している方法に違いがあるんだろうかというようなことも、質問というか疑問として出ています。あと、安全性で追加ですけども、やはり想定外でテロとか保管中の安全性ということもちょっと不安かなということも出ています。あと、情報提供としては、必要性は理解できるが、理解を求めるのにやはり一般の人についてですね、情報提供、周知をすることが一番だなということで、知らない人はまったく知らないということが問題だということになりました。NUMOさんの事業の進み具合や進捗状況とかですね、皆さんに周知してほしいということと、3兆円という予算とかがありましたけど、そのことについて毎年なのかというのと、公募以外のやり方はないのかというのと、あと自分の国で出した核のゴミは自分のところで処分をするっていう、それはモラルなのか法律なのかっていう質問があって、NUMOさんにお答えいただきました。以上です。