地球防衛隊めんたいこ
まずですね、ちょっとこれは夢みたいな話なんですけど、放射能の無害化っていうのはできないのか、これを進めれば解決するんではないか。これはかなり長期的なテーマですね。それから、今各国で原子力の廃棄っていうのをやってますけど、それぞれの国が独自でやってる。これは全地球的な問題で、やっぱりグローバルにまとめて、世界の英知を結集してそれの安全性、廃棄方法を決めるべきだろうと。これですね。各国でやってないで、原子力持ってる国か、持ってない国も含めるか、議論が分かれるところですけど、地球規模の英知を集めてその処分方法を検討したら、もっとうまい方法が見つかるんではないか。それからやはり本当に今現在の日本の保管方法が安全なのであれば、堂々と国民にそれを訴えて、こうしますから安全ですよともっともっと国民の、いわゆる目を安全だというほうに向かわせるべき情報公開が必要であろうと。あとここに出たのは、ここに全部書いてます。いろいろね。それと質問事項としては、今、最終処分場決まったらそれのテロ対策はきちんとできるのかとかですね、今現在の再処理工場や過渡的なことも大丈夫なんですかとかですね。それからコストが最もかからないのは、ロケット技術を30年50年で開発して、たとえば月とか火星とかもっと何億光年も先、人畜無害なところに飛ばして処分する方法もあるんではないかと。これはだから一番コストが安いですわな。ロケット技術さえ開発すれば、問題ないんです。それは宇宙的にどうかっていうのはまた別問題、ちょっと問題になりますけどね。それから、今現在の当面の問題としては、原発ゼロ、それから再処理しないものいっぱいあるわけですから、そのときの処理方法はどうなっているのかな、というのが今当面の質問として出ました。我々ができることはささやかに、エネルギーの無駄遣いをしないようにしましょうと、そのくらいですかね。あとはもうひとつね、忘れてましたね。埋めるところをあちこちバラバラにしないで、地球で安全なところ1か所に決めてしまって、そこに全世界が埋めることもひとつ検討したらどうでしょうか。