NUMOトップ  >  PRライブラリー  >  座談会  >  岩手日報(2009年12月5日掲載)

岩手日報(2009年12月5日掲載)

11月15日(日)、岩手日報社との共催により、盛岡市のサンセール盛岡にて、高レベル放射性廃棄物の地層処分について考えるフォーラム「知ってほしい 今、地層処分」を開催しました(参加者 約80名)。

パネルディスカッションでは、岩手日報社東京支社長・吉田誠一氏のコーディネートのもと、盛岡青年会議所常任理事・総務室長の瀬川史朗氏、NPO法人岩手県地域婦人団体協議会常務理事・事務局長の柳橋好子氏、フリーキャスターの伊藤聡子氏、茨城大学工学部・小峯秀雄教授、当機構技術部長・土宏之との間で、日本のエネルギー事情や放射性廃棄物の処分の必要性、安全性、地域共生等について意見交換を行いました。

瀬川氏、柳橋氏、伊藤氏からは「高レベル放射性廃棄物はどのくらい危険なのか」「今後、どうやって周知するのか」「火山の噴火や地震があっても大丈夫なのか」などの疑問が出される一方で、「本当に正しい情報を伝えてほしい」「みんなで考えなければいけない問題だし、考えるためには知らなければいけない」「私たちが使う電力だから、発電で出たゴミの問題も私たちの責任として考えたい」などの意見を頂戴しました。

このフォーラムの模様は12月5日の岩手日報朝刊に掲載されました。

(パネルディスカッション出席者)
  • 岩手日報社 東京支社長 吉田誠一氏(コーディネーター)
  • 盛岡青年会議所 常任理事・総務室長 瀬川史朗氏
  • NPO法人岩手県地域婦人団体協議会常務理事・事務局長 柳橋好子氏
  • フリーキャスター 伊藤聡子氏
  • 茨城大学工学部都市システム工学科教授 小峯秀雄氏
  • 原子力発電環境整備機構 技術部長 土宏之

z091205_img_01.jpg z091205_img_02.jpg

以上

ページTOPへ