NUMOトップ  >  PRライブラリー  >  座談会  >  神奈川新聞(2010年3月24日掲載)

神奈川新聞(2010年3月24日掲載)

2月24日、神奈川新聞社との共同主催により「放射性廃棄物地層処分とその安全性・必要性」をテーマに、神奈川県のオピニオンリーダーとの座談会を横浜市中区のロイヤルホールヨコハマで開催しました。

当日は神奈川新聞社統合編集局次長・中村卓司氏のコーディネートのもと、社団法人横浜青年会議所2008年度理事長・ロイヤルホール取締役副社長の板橋由紀氏、消費生活アドバイザーの小檜山由美子氏、当機構技術顧問の北山一美との間で、日本のエネルギー事情や原子力発電の現状、高レベル放射性廃棄物の処分方法、処分場候補地の合意形成などについて活発な意見交換を行いました。

板橋氏や小檜山氏からは、「エネルギーの消費地の大都市の市民として、省エネを心がけ、子孫への負担を軽減させるともに、処分候補地に対しての偏見をなくすよう努力したい」「NUMOや電力会社は、原子力発電の安全性を含めエネルギーを取り巻く環境についてもっと情報を発信するべきだ」「NUMOは、自治体からの立候補を待つだけではなく、処分場候補地の合意形成に向けて、自治体の意向にそった具体的な将来像を積極的に提案していくべきではないか」などのご意見をいただきました。

この座談会の模様は3月24日に神奈川新聞社の紙面に掲載されました。

(座談会出席者)
  • 神奈川新聞社統合編集局次長 中村 卓司(コーディネーター)
  • 社団法人横浜青年会議所2008年度理事長・株式会社ロイヤルホール取締役副社長 板橋由紀氏
  • 消費生活アドバイザー 小檜山由美子氏
  • 原子力発電環境整備機構 技術顧問 北山一美

z100324_img_01.jpg

以上

ページTOPへ