特定個人情報の取扱いに関する基本方針

2015年11月17日
原子力発電環境整備機構(以下「機構」といいます。)は、機構における特定個人情報の適正な取扱いを図るため、以下のとおり取り組んでまいります。

1. 関係法令・ガイドライン等の遵守

当機構は、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」等特定個人情報の取扱いについて定めた法令、ガイドライン、機構の関連規程等を遵守し、次のとおり特定個人情報を適正に取り扱います。
    • (1) 個人番号を取り扱う事務の範囲を社会保障、税等必要な事務に限定し、明示します。
    • (2) 上記(1)の事務のために求める場合を除き、従業員等及び機構関係者に対し、個人番号の提供を求めません。
    • (3)本来の利用目的を超えて、特定個人情報を利用・提供しません。
    • (4)必要な範囲を超えて、特定個人情報ファイルを作成・保存しません。

2. 安全管理措置に関する事項

当機構は、「特定個人情報取扱規程」、「情報セキュリティ規程」等に基づき、次のとおり特定個人情報の漏えい防止に取り組みます。
    • (1) 特定個人情報を取り扱う組織体制を明確化し、事務取扱担当者以外の者には特定個人情報を取り扱わせません。
    • (2) 特定個人情報ファイルを紙媒体により保存する場合は鍵付きキャビネットで保管する、情報機器・電子媒体により保存する場合はアクセス時のログイン制限を行う等、特定個人情報は厳重に管理します。
    • (3) 保存期間を経過した特定個人情報は速やかに廃棄・削除することとし、この場合、シュレッダーによる裁断、業者による裁断・溶解等により確実に実施します。
    • (4) 関係事務を外部に委託する場合は、当機構の安全管理措置と同等の措置が講じられるよう委託先に対し必要かつ適切な監督を行います。

3. 質問及び苦情処理の窓口

当機構における特定個人情報の取扱いに関する質問及び苦情処理の窓口を次のとおりとします。
      総務部長
      総務部総務グループマネージャー

4. 見直し

関係法令、ガイドライン等の見直し、改定等が行われた場合は、必要に応じ本基本方針及び機構の関連規程の見直しを行うこととします。
以上