Q. 「地層処分相当低レベル放射性廃棄物」とは何ですか?

「地層処分相当低レベル放射性廃棄物」とは何ですか?

この質問に関する回答
この情報は役に立ちましたか?
  • はい
  • いいえ

低レベル放射性廃棄物のうち、地層処分が必要な廃棄物のことを「地層処分相当低レベル放射性廃棄物」と呼びます。
使用済燃料の再処理工場やMOX燃料*1)加工工場の操業や解体に伴う低レベル放射性廃棄物のうち、ウランより原子番号が大きい放射性核種(TRU核種:Trans-uranium)を含み、発熱量が小さく長寿命の放射性廃棄物のことを、TRU廃棄物または長半減期低発熱放射性廃棄物と呼びます。このTRU廃棄物のうち、半減期*2)の長い放射性核種が一定量以上含まれるものは、高レベル放射性廃棄物と同様に地下300メートルより深い地層へ処分する必要があり、これを「地層処分相当低レベル放射性廃棄物」と呼んでいます。
具体的には下図のように、使用済燃料の燃料被覆管の切断片(ハル)や燃料集合体の末端部であるエンドピース、再処理工場内の使用済みの排気フィルター(廃銀吸着材)、放射能が一定レベル以上の濃縮廃液や雑固体廃棄物などがあり、それぞれの性状を考慮した処分形態にて地層処分されます。

更に詳しい説明は、以下のNUMOホームページの関連ページをご覧ください。
http://www.numo.or.jp/chisoushobun/radioactive_waste/05.html

*1) MOX燃料:使用済燃料から再処理によって分離されたプルトニウムとウランを原料として、ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料(Mixed Oxide Fuel)に加工したもの
*2) 半減期:最初にあった放射能の量が半分になるまでの時間

この情報は役に立ちましたか?

よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

放射性廃棄物
よくあるご質問トップに戻る