Q. 地層処分相当低レベル放射性廃棄物は、どのように処分するのですか?

地層処分相当低レベル放射性廃棄物は、どのように処分するのですか?

この質問に関する回答
この情報は役に立ちましたか?
  • はい
  • いいえ

地層処分相当低レベル放射性廃棄物は、高レベル放射性廃棄物と同様に地下300メートルより深い地層へ処分し、私たちの生活環境から長期間にわたり隔離し閉じ込めます。
地層処分相当低レベル放射性廃棄物の処分方法については、例えばハル・エンドピースの場合、廃棄物を封入したキャニスタは廃棄体パッケージという金属の箱に入れ、セメント系の充填材で固定します。このセメント系充填材は放射性物質を吸着し、その移動を遅くします。次に処分坑道に設置した構造躯体と呼ばれる構造物内に廃棄体パッケージを定置し、処分坑道と構造躯体の間を天然の粘土(ベントナイト等)を主成分とした緩衝材で埋めます。この緩衝材も、放射性物質を吸着し、移動を遅らせます。

更に詳しい説明は、以下のNUMOホームページの関連ページをご覧ください。
http://www.numo.or.jp/chisoushobun/radioactive_waste/05.html

この情報は役に立ちましたか?

よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

地層処分の概要
よくあるご質問トップに戻る