Q. なぜベントナイト(人工バリアの緩衝材)を使うのですか?

なぜベントナイト(人工バリアの緩衝材)を使うのですか?

この質問に関する回答
この情報は役に立ちましたか?
  • はい
  • いいえ

ベントナイトは1970年に大阪万博が開催された際、地下約15メートルに埋められたタイムカプセルを地下水から5,000年間にわたって守るために使われています。また、土木工事等でも広く用いられている材料です。
ベントナイトには水を吸って膨れる膨潤という性質があるため、自らの隙間を埋めて、水を流れにくくします。また、ベントナイトの表面は負に帯電しており、水に溶けだした放射性物質はその多くが陽イオンになるので、ベントナイト表面に吸着し、その移動を遅らせる性質も持っています。
ベントナイトを緩衝材として用いることにより、これらの性質を利用して地下水や放射性物質の移動を抑制することができます。

この情報は役に立ちましたか?

よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

地層処分の概要
よくあるご質問トップに戻る