Q. 地層処分事業はどのような流れで行われるのですか?

地層処分事業はどのような流れで行われるのですか?

この質問に関する回答
この情報は役に立ちましたか?
  • はい
  • いいえ

まず処分地の選定ですが、法律(「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」)に定められた3段階の技術的な調査(「文献調査」「概要調査」「精密調査」)を行ない、処分施設の建設に適した場所を絞り込んでいきます。
次に、選定された処分地で、処分施設の建設を進めながら、一部では操業(高レベル放射性廃棄物の搬入・設置・埋戻し)を並行して行い、最終的には全ての坑道を埋戻し、処分場を閉鎖します。この間、周辺環境への影響を継続的にモニタリングします。また、閉鎖後も必要に応じてモニタリングの継続について検討します。
なお、調査の各段階で地域の皆さまからの意見を伺う機会を設けますので、地域の意思に反して次の段階に進むことはありません。調査や選定にあたって、透明性、客観性、公平性を確保し、地域の皆さまの声を十分に反映して進めていきます。
文献調査の実施に当たり、NUMOでは文献調査を受入れていただく自治体(市町村)を「公募」しています。また、国は理解活動の状況等を踏まえ、調査等への理解と協力について関係自治体に申入れを行います。

この情報は役に立ちましたか?

よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

事業の概要
よくあるご質問トップに戻る