Q. 地下研究施設では、たくさんの地下水が確認されていますが大丈夫ですか?

地下研究施設では、たくさんの地下水が確認されていますが大丈夫ですか?

この質問に関する回答
この情報は役に立ちましたか?
  • はい
  • いいえ

本来、地下深部では、岩盤自体が水を通しにくく、また水を流そうとする力(圧力差)も小さいことから、地下水の流れは1年間に数ミリメートル程度と非常に遅いです。   
一方、地下研究所のトンネル表面は大気圧であるのに対し、岩盤内には深度数百メートル分の水圧がかかっていますので、大きな圧力差が生じます。その結果、岩盤中のすき間からトンネル内に地下水が流入しやすくなります。
地層処分場の場合も、地下施設の建設中や、廃棄物の埋設作業中は、地下研究所と同じように、地下の坑道と岩盤には圧力差が生じるため、地下水が流入しやすくなります。このため、湧水対策や排水設備の整備などを実施します。しかし、最終的には地下坑道は完全に埋め戻され、岩盤と埋め尽くされた坑道の圧力差はほとんどなくなり、再び地下水の流れは建設前のように、非常にゆっくりとした状態に戻ります。

この情報は役に立ちましたか?

よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

安全・技術
よくあるご質問トップに戻る