Q. 過去の文献で10万年もさかのぼって情報を集められますか?

過去の文献で10万年もさかのぼって情報を集められますか?

この質問に関する回答
この情報は役に立ちましたか?
  • はい
  • いいえ

文献調査では、過去の地震や津波等を記した古文書を探すことより、地域の地質や地下水などに係わる科学的情報をこれまでの研究論文などからできるだけ多く収集することが中心になります。
地質を研究した論文には、例えば岩石の放射年代測定*1)や火山灰分析*2)による噴火時期の推定などにより、数十万年前より古い時代に形成された地層や火山活動等に関する情報が含まれています。なお、このような年代推定に用いる岩石や火山灰といったサンプルは、ボーリング調査*3)や地表踏査*4)等により採取されます。
文献調査段階では、こうした科学論文等に含まれている情報から、地層処分に影響を及ぼす可能性のある火山や活断層などがその地域や周辺地域にないかどうかなどの確認を行います。

*1) 放射年代測定 : 岩石に含まれる放射性元素が時間とともに変化することを利用して岩石が形成された年代を求める方法。
*2) 火山灰分析 :火山灰の成分から噴火の形式やその時期などを調べる方法。
*3) ボーリング調査:地上、水上から、地中に直径数cm~数十cmの円筒状の孔を掘り、採取した岩石資料や孔を用いた各種の計測により、地下の地質性状、地下水の性状(成分や流れやすさ等)を調べる方法。
*4) 地表踏査 :地表面において、地層や岩石の分布や性状、地質構造、温泉や湧水・地下水(井戸)の性状、活断層の分布や性状等を調べる方法。

この情報は役に立ちましたか?

よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

処分地の選定
よくあるご質問トップに戻る