Q. 「地層処分」とは何ですか?

「地層処分」とは何ですか?

「地層処分」とは、地下深部の地層が本来持っている「物質を閉じ込める力」を利用し、地下深部の地層に高レベル放射性廃棄物を埋設し、人間の生活環境に影響を及ぼさないように長期にわたって安全・確実に隔離し閉じ込める方法です。


地下深部は、地上に比べて、地震、津波、台風等の自然現象による影響がほとんどなく、戦争、テロ等の人間の行為による影響も受けにくいという特徴があります。
また、地下にある物質は主に地下水によって運ばれますが、地下深部では地下水の動きが極めて遅いため、物質の移動が非常に遅いという特徴もあります。
もう一つには、地下深部では酸素が極めて少ないため、錆びなどの化学反応が抑えられ、物質を変質させにくいという特徴があります。これらの特徴により、地下深部は地上に比べ、物質を長期にわたり安定して閉じ込めるのに適した場所といえます。
地層処分では、地層の放射性物質を閉じ込める機能(天然バリア)と、さらに放射性物質の閉じ込めをより確実にするために人工的に施される人工バリアを組み合わせた多重バリアシステムにより、長期にわたり放射性物質を人間の生活環境から隔離し、その動きを抑え閉じ込めます。人工バリアには、以下のように、ガラス固化体、オーバーパック、緩衝材(粘土)があります。

バリア1(人工バリア):ガラス固化体
 ~放射性物質をガラスの中に閉じ込め地下水に溶け出しにくくします~
高レベル放射性廃棄物とガラス原料を高温で混ぜ合わせてステンレス容器の中で固めたものです。放射性物質をガラスと一体にして、地下水に溶け出しにくくします。
バリア2(人工バリア):オーバーパック(金属製の容器)
 ~地下水をガラス固化体に触れにくくします~
ガラス固化体を封入する厚い金属製の容器です。ガラス固化体の放射能レベルがある程度減衰するまでの期間、地下水とガラス固化体の接触を防ぎます。
バリア3(人工バリア):緩衝材(粘土)
 ~地下水と放射性物質の移動を遅らせます~
オーバーパックの周囲を覆うもので、天然の粘土を主成分としています。水を通しにくく、いろいろな物質を吸着する性質により、放射性物質の移動を遅くします。
バリア4(天然バリア):天然の岩盤
 ~放射性物質の移動を遅らせます~
地下深部では地下水の動きが極めて遅く、放射性物質は岩盤にしみ込んだり、吸着されたりして、その移動はさらに遅くなります。

(地層処分のイメージ図)

この情報により問題解決できましたか?

よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

地層処分の概要
よくあるご質問トップに戻る