Q. 将来、埋設した高レベル放射性廃棄物は取り出せますか?

将来、埋設した高レベル放射性廃棄物は取り出せますか?

この質問に関する回答
この情報は役に立ちましたか?
  • はい
  • いいえ

地層処分場において、処分坑道に放射性廃棄物を埋設した後においても、何らかの理由でその搬出が望まれた場合にそれが搬出可能な状態にあることを「回収可能性」と言います。
2015年5月22日に改定された特定放射性廃棄物の最終処分に関する基本方針は「今後の技術その他の変化の可能性に柔軟かつ適切に対応する観点から、基本的に最終処分に関する政策や最終処分事業の可逆性を担保することとし、今後より良い処分方法が実用化された場合等に将来世代が最良の処分方法を選択できるようにする。このため、NUMOは、特定放射性廃棄物が最終処分施設に搬入された後においても、安全な管理が合理的に継続される範囲内で、最終処分施設の閉鎖までの間の廃棄物の搬出の可能性(回収可能性)を確保する」としています。
このため、処分場の閉鎖前までは安全で合理的な範囲内で廃棄物の回収可能性を確保します。現在、廃棄体を回収する具体的な技術開発を国において実施中です。また、その成果を踏まえつつ、回収の容易性を処分場設計の中に組み込んでいく方策についての検討を進めているところです。

この情報は役に立ちましたか?

よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

安全・技術
よくあるご質問トップに戻る