NUMOトップ  >  採用情報  >  はじめに

採用情報

はじめに

原子力発電環境整備機構 (NUMO:ニューモ) の紹介

日本では原子力発電所で使い終えた燃料は再処理し、再び燃料として利用します。原子力発電環境整備機構はその過程で生じる特定放射性廃棄物を地層処分する実施主体として、「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」に基づき設立されました。

機構概要

事業内容

高レベル放射性廃棄物および地層処分低レベル放射性廃棄物(TRU廃棄物)に関する下記の事項

  • 概要調査地区等の選定
  • 処分施設の建設・改良、維持その他の管理
  • 特定放射性廃棄物の処分
  • 処分施設の閉鎖および管理
  • 上記に付随する技術開発 等

設立

2000(平成12)年10月

従業員数

105名[2015年7月現在]

事業所

〒108-0014 東京都港区芝4丁目1番23号 三田NNビル2階

NUMOに求められる人材像

  • 地層処分のプロジェクト全体およびそれを構成する業務を事業としてマネジメントできるよう、自ら目標を掲げその達成に向けて主体性とチャレンジ精神を持って取り組むことができる人
  • 事業の安全性や効率性の向上を図られるよう、従来の仕事のやり方にとらわれない変革意欲がある人
  • 地層処分やその安全性を一般の人々や専門家に説明し理解と協力が得られるよう、相手のニーズを聞き出し自らの思いを的確に伝えて相手に納得してもらえる高いコミュニケーション能力を持つ人