竹野 竜平 -Takeno Ryuhei-

竹野 竜平

技術部性能評価技術グループ
2016年度入構
工学研究科修了

竹野 竜平
Takeno Ryuhei

処分場の安全性を確保する要の仕事

私が所属する性能評価技術グループでは、処分場から放射性物質が地下水へ溶け出し地表へ到達することを想定し、その場合の被ばく線量を算出することで安全性の評価をしています。その結果は処分場の安全性を向上させる対策に反映するため、処分場の安全確保の要の仕事だと思います。

私の担当業務の一つは、コンピュータシミュレーションを用いた様々な条件での線量の算出と、そのグラフ化です。私が作成したグラフはNUMOが公表する技術報告書(和文および英文)に掲載されるため、正確性が求められます。担当した当初は膨大なデータの整理がうまくできず、該当しないデータを元に作成したグラフを上司に回付するという失敗もしましたが、先輩に助けてもらい情報整理の方法を構築したことでミスが減り、今では多くの業務を任されるようになりました。このように、NUMOでは1年目の職員にも責任ある業務が任されるため、自身の成長や達成感を感じること多い職場です。

オンとオフを大切に

朝の通勤電車では好きな小説などを読んでリラックスしていますが、オフィスビルに入り事務所フロアでエレベーターの扉が開くと仕事のスイッチが入ります。逆に帰り支度を整え乗り込んだエレベーターの扉が1階で開くタイミングでオフモードになります。

質の高い仕事をするためには「オン」「オフ」の切り替えや、仕事に限らず様々なことを考える時間、体を動かす時間を確保することが重要だと考えています。そのため、終業後に他業界の友人と飲みに行って情報交換を行ったり、週末はテニスをしたりして平日の運動不足を解消することに心がけています。

NUMOではテニスやスキーなどといった仕事以外の同好会活動も盛んです。私もテニス同好会に参加していますが、所属する部署以外の職員とのコミュニケーションの機会として大変役立っています。

竹野 竜平 竹野 竜平

体調管理に気をつけて就職活動を

就職活動は悩むことが多く、大変だと思います。私自身もとても悩みましたが、最後は、地層処分を自分の手で一歩でも進めたいという思いが強く、地層処分事業における唯一の実施主体であるNUMOに入構を決めました。就職活動では体調管理に気をつけて、悔いのないように頑張ってください。