技術開発評価会議

技術開発評価会議について

地層処分事業は約 100 年にわたる長期プロジェクトであるため,事業全体を俯瞰した上で,各段階で必要となる技術を計画的かつ的確に整備していくことが必要です。
このため当機構では,事業の展開を踏まえた長期的な技術開発の全体計画(技術開発ロードマップ)に沿って,機構自らが技術開発を行うとともに、国の基盤研究開発に対して的確なニーズの提示と成果の取り込みを行うこととしています。
このような地層処分事業に必要な技術開発に関わる活動を当機構が着実に行っているかどうかを評価いただき,より適切な技術整備に反映することを目的として,学識経験者からなる「技術開発評価会議」を設置することといたしました。

技術開発評価会議

委員名簿

(敬称略・50音順)

委員長 佐藤 正知 福島工業高等専門学校 物質・環境システム工学専攻 特命教授・北海道大学名誉教授
委 員 大江 俊昭 東海大学工学部原子力工学科 教授
高橋 正樹 日本大学文理学部地球システム科学科 教授
新堀 雄一 東北大学大学院工学研究科量子エネルギー工学専攻 教授
西垣 誠 岡山大学大学院環境生命科学研究科 教授
  (5名)  

委員会開催実績

>2015年2月18日開催

これまでの実績についてはこちら

評価報告書

2014年10月8日受領 「2013年度技術開発成果」および「2014年度技術開発計画」に対する評価報告書

これまでの実績についてはこちら