NUMOトップ  >  トピックス  >  2013年度  >  技術報告書「Spatial and Temporal Distribution of Future Volcanism in the Chugoku Region(将来10万年を超える超長期の火成活動の確率論的評価手法の整備 -中国地方のケーススタディ-)」の掲載について

技術報告書「Spatial and Temporal Distribution of Future Volcanism in the Chugoku Region(将来10万年を超える超長期の火成活動の確率論的評価手法の整備 -中国地方のケーススタディ-)」の掲載について

  地層処分事業に関わる当機構の技術開発について、一人でも多くの方々にご理解いただくため、この度、技術報告書「Spatial and Temporal Distribution of Future Volcanism in the Chugoku Region - A partial application of NUMO's ITM and Topaz probabilistic tectonic assessment methodology -」を発行いたしました。
本技術報告書は,NUMOがこれまでに開発してきた火山活動や断層活動などの自然現象の地層処分システムに対する影響を確率論的に評価する手法の信頼性をより高めるため、単成火山を含む多様な火山活動が生じている中国地方を対象に行った検討の成果を取りまとめたものです。

ページTOPへ