NUMOトップ  >  トピックス  >  2014年度  >  NUMO技術開発成果報告会2014

NUMO技術開発成果報告会2014

原子力発電環境整備機構(NUMO)では,地層処分事業に必要な技術の整備(技術開発)を進めています。NUMOが行う技術開発は,既存技術や国の基盤研究開発機関などが整備する基盤技術をもとに,地層処分事業の安全な実施に向けた技術として実用化・合理化することです。

NUMOでは,サイト選定段階に向けた技術開発全体の方向性および2013年度からの5年間のNUMOの中期的な技術開発計画を策定した「地層処分事業の技術開発計画 -概要調査段階および精密調査段階に向けた技術開発-」を2013年6月に公表し,この計画にもとづき技術開発を進めています。

本報告会では,2013年度にNUMOが行った技術開発成果のうち,地層処分の信頼性向上の取り組み,技術の保有・移転の取り組みとしての共同研究の実施状況などについて報告します。

日 時 : 2014年6月19日(木) 13:30~17:15(受付開始13:00)
会 場 : 三田NNホール&スペース 多目的ホール
東京都港区芝4-1-23三田NNビル地下1階
URL: http://www.mita-nn-hall.com/access/access.html
参加費 : 無料(お申し込み順となります。)
お申し込み方法は,本ページ下部のご案内資料をご参照下さい。
プログラム  
13:30~13:35 開会挨拶
13:35~15:20 技術開発成果報告
(1) 全体報告:NUMOにおける技術開発の取り組み
(2) 技術課題に関する個別成果報告
  テーマ1:わが国における地層処分に適した地質環境と信頼性向上に向けた取り組み
  • サイト選定及び地質環境の評価に関するNUMOの考え方
  • 地震・断層活動による地質環境への影響
  • 地震動による人工バリアへの影響
15:20~15:35 休憩
15:35~17:05 技術開発成果報告(つづき)
テーマ2:技術の保有・移転に向けた関係機関との共同研究
  • 概要調査段階における処分場の設計・安全性の評価に必要な技術の構築
  • 人工バリア施工技術適用試験の実施
テーマ3:技術開発成果の定期的な取りまとめ
    -包括的技術報告書の作成方針および骨子の紹介-
17:05~17:15 閉会挨拶

ご案内資料 PDF
注)多数のお申し込みありがとうございました。参加申し込みの受け付けは締め切らせて頂きました。

以上

ページTOPへ