「エネルギーと環境への挑戦を続ける世界における原子力の役割に関するワシントン会議」で講演を行いました

 12月10日、米国ワシントンDCで、ハワード・ベーカー・フォーラムとジョンズ・ホプキンス大学ライシャワー東アジア研究センターが共催する「エネルギーと環境への挑戦を続ける世界における原子力の役割に関するワシントン会議(The Washington Conference on Nuclear Power in an Energy and Environmentally Challenged World)において近藤理事長が「The Future of Global Nuclear Power(世界の原子力利用の展望と課題)」と題して講演を行いました。

  

 講演では、放射性廃棄物の処分の分野における取り組みを国民の信頼を得て着実に前進させるべきであること等を話しました。