国際シンポジウム「いま改めて考えよう地層処分~世界の取り組みから学ぶ~」を3月28日に開催します

国際シンポジウム

「いま改めて考えよう地層処分 ~世界の取り組みから学ぶ~」

 

原子力発電に伴い生じる高レベル放射性廃棄物は、これまでの原子力利用の結果、すでに相当量存在しており、その処分は、避けては通れない課題です。

原子力を利用してきた諸外国も同じ課題を抱えており、現在、どの国も「地層処分」という方法を採用し、処分場所の選定等の取り組みを進めています。

国民や地域の方々の理解をどのように得ていくのか、処分事業と地域の共生はどうあるべきか等について、2009年に処分場建設予定地が選定されたスウェーデンの実例を踏まえながら、一緒に考えていきたいと思います。

 

 プログラム(予定・敬称略)
開催挨拶
spacer.png 鈴木 淳司 経済産業副大臣
マグヌス・ローバック 駐日スウェーデン大使

 

基調講演
spacer.png 「地層処分に向けた世界の取組と日本の針路」
spacer.png spacer.png 増田 寛也 総合資源エネルギー調査会放射性廃棄物WG委員長
spacer.png
spacer.png 「スウェーデンの実例から学ぶ」
spacer.png spacer.png サイーダ・エングストレム  スウェーデン核燃料・廃棄物管理会社(SKB社)副社長
spacer.png spacer.png ヤーコブ・スパンゲンベリ  スウェーデン エストハンマル市長

 

パネルディスカッション
spacer.png
<コーディネーター>
spacer.png 伊藤 聡子  フリーキャスター
<パネリスト>
spacer.png 増田 寛也  総合資源エネルギー調査会放射性廃棄物WG委員長
spacer.png サイーダ・エングストレム スウェーデン核燃料・廃棄物管理会社(SKB社)副社長
spacer.png ヤーコブ・スパンゲンベリ スウェーデン エストハンマル市長
spacer.png 秋庭 悦子 NPO法人 あすかエネルギーフォーラム理事長
spacer.png 小林 大和 資源エネルギー庁放射性廃棄物対策課長
spacer.png 近藤 駿介 原子力発電環境整備機構理事長

 

 概 要
spacer.png
spacer.png 日 時: 2016年3月28日(月) 13:30~16:30
開場・受付13:00 開会13:30 閉会16:30(延長する場合があります)
※当日は、13時10分から地層処分事業の概要を紹介する動画を放映いたします。ご興味ある方は、この機会にぜひご覧下さい(上映時間:約15分)。
spacer.png 会 場:

丸ビルホール (東京駅前 丸ビル 7階)

〒100-6307 東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル7階

会場の詳細はこちら

spacer.png アクセス:

地下鉄 丸ノ内線 東京駅直結、千代田線 二重橋前駅直結、
JR東京駅 丸ノ内南口 徒歩1分

spacer.png 参加費: 無料
spacer.png 共 催: 経済産業省 資源エネルギー庁、原子力発電環境整備機構(NUMO)
spacer.png 後 援: スウェーデン大使館、(公財)原子力環境整備促進・資金管理センター、(一社)日本原子力産業協会、国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構、電気事業連合会
spacer.png
spacer.png 国際シンポジウムチラシはこちらPDF

 

 お申し込み
spacer.png
spacer.png

《 満員御礼 》

おかげさまで定員に達しましたので、申込受付を終了しました。

たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

※後日、開催報告を掲載いたします。

 

 

 お問い合わせ
spacer.png
spacer.png 〒108-0014 東京都港区芝4-1-23 三田NNビル2F
原子力発電環境整備機構 NUMO
地域交流部 広報グループ 古川・井上
Tel : 03-6371-4003(平日10:00~17:00)
Mail:numokouhou.b2@numo.or.jp