「深地層の研究施設 親子サマーツアー 2016」を7月29日(金)、8月3日(水)に開催します

夏休みの宿題はこれできまり! 地下500mの世界を、親子で体験しよう!

「深地層の研究施設 親子サマーツアー 2016」

 

小学校4年生~中学生のお子さまと保護者(各回10組20名様)を対象に、より地層処分を知っていただく事を目的とし、昨年に引き続き今年も深地層の研究施設の見学会を行います。

 

oyako2016.jpg2015年開催時の様子

 

 

 概 要

 

日 時: 第1回 2016年7月29日(金) 9:30~16:30頃
第2回 2016年8月3日(水) 9:30~16:30頃
場 所:
[集 合] JR名古屋駅
(9:30集合。見学先までは、貸切りバスにて移動いたします)
[見学先] 国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構
瑞浪超深地層研究所(岐阜県瑞浪市)

<瑞浪超深地層研究所とは・・・>
地層処分を安全に行うための研究の一つとして、地下深い所の地下水や岩盤の様子を解明する研究開発を行っている施設です。

参加費: 無料
※昼食はNUMOが用意します。
※集合場所であるJR名古屋駅からご自宅までの交通費往復分(公共交通機関使用でNUMOが算定したもの)を、NUMOにて負担します(※上限お一人様3万円)。
参加条件:

小学校4年生~中学生のお子さまと保護者を1組とさせていただきます。

※お子さまのみの参加はできません。お子さま1名につき、保護者1名でお申込みください

募集人数: 各回10組20名
spacer.png
「深地層の研究施設 親子サマーツアー 2016」チラシはこちらPDF

 

 お申し込みについて

 

申込受付を終了しました。

ご応募ありがとうございました。

※当日の模様を後日掲載いたします

 

 注意事項
spacer.png
・昼食後、NUMOスタッフによる講義と人工バリアを体験する実験を行います。
・現地では報道機関が取材を行い、新聞やTVで報道する場合があります。 また、当日の様子をNUMOホームページ等で紹介する場合があります。
・見学先の研究施設は、工事現場であり、狭くて急な階段等もあります。階段の昇降等が困難な方など自立歩行に支障のある方や高所、閉所恐怖症の方は研究坑道への入坑はご遠慮頂きますようお願いします。また、飲酒、妊娠されている方、体調不良の方も同様です。
・入坑の際は、現地貸与の安全装備(つなぎ服、反射ベスト、ヘルメット、安全長靴、軍手、坑内PHSなど)を着用していただきます。

 

 お問い合わせ

 

〒108-0014 東京都港区芝4-1-23 三田NNビル2F
原子力発電環境整備機構(NUMO) 地域交流部 広報グループ
深地層の研究施設 親子サマーツアー事務局
Tel : 03-6371-4003(平日10:00~17:00)
Mail:numokouhou.b2@numo.or.jp