地層処分アカデミー(出前授業)を開催しました

2016年6月24日(金)、愛知県の「椙山女学園大学」で『地層処分アカデミー(出前授業)』を開催しました。

 

当日ご参加いただいたのは、人間関係学部で「社会」(吉田 あけみ教授担当)を受講する皆さんです。

講義には81名の方々が参加してくださり、放射線、我が国のエネルギー供給の現状、高レベル放射性廃棄物の処分などについて、エネルギー全般のご説明から高レベル放射性廃棄物の最終処分についてまで、幅広くご説明しました。

 

アンケートの回答では、「放射線が確実に漏れないよう対策が必要だ」というご意見や「今まで何となく聞いていた放射線などが身近にもあることが分かった」「日本で地層処分の話が進んでいることは知らなかった」「現場の方の話が直接聞けて貴重な時間だった」というご意見もいただき、高レベル放射性廃棄物の最終処分ついて考えていただくきっかけになったのではないかと思います。