国際講演会「ドイツの地層処分計画について」を12月16日(金)に開催します ※終了しました

国際講演会

「ドイツの地層処分計画について」

 

NUMOでは、これまで諸外国における地層処分の取り組み等について、シンポジウムや講演会などを開催し、ご紹介しています。

 

このたび、ドイツの放射性廃棄物処分の実施主体である連邦放射線防護庁(BfS)の委託を受け、実質的に事業を進めてきたドイツ廃棄物処分施設建設・運転会社(DBE社)のボリエス・ラプケ社長をお招きし、講演会を開催いたします。

 

ドイツでは、1979年にゴアレーベンにおいて、高レベル放射性廃棄物処分の候補地としての探査が開始されました。その後、政策の変更などにより、2000年からその活動は凍結され、一時的な再開はあったものの、2013年のサイト選定手続き等を定めた新しい法律の制定により、探査は終了しました。この法律により、処分の実施に向けた計画や体制が整いつつあります。

本講演では、ドイツにおけるこれまでの取り組みや現状などをご紹介いただきます。 

 

 概 要
spacer.png
spacer.png 日 時:

2016年12月16日(金) 14:30~16:00(予定) ※開場・受付は14:00~

spacer.png 会 場:

TKP田町カンファレンスセンター2F ホール2A

東京都港区芝5-29-14

会場の詳細はこちら

spacer.png 演 題: ドイツにおける地層処分事業の現状と取り組み(仮題)
※講演は英語で行われますが、質疑応答を含め日英通訳を行います。
spacer.png 講演者: ボリエス・ラプケ社長(ドイツ廃棄物処分施設建設・運転会社(DBE社))
spacer.png 参加費: 無料
spacer.png 当日使用した資料: 「ドイツにおけるDBEの放射性廃棄物処分事業に関わる経験」PDF

 

 

 お申し込み

 

終了しました。

 

 

 お問い合わせ

 

原子力発電環境整備機構(NUMO)
技術部 国際技術情報グループ:布目、植田

〒108-0014 東京都港区芝4-1-23 三田NNビル2F

Tel:03-6371-4004(平日10:00~17:00)