スイス連邦原子力安全局長官が来訪されました

2017年2月20日(月)にスイス連邦原子力安全局(ENSI)長官のヴァンナー氏、同国際関係部長のミュラーゲルナーマ氏および駐日スイス臨時代理大使ネルソン氏がNUMOに来訪し、近藤理事長、梅木理事と懇談しました。 

 

理事長から日本の原子力発電事情や福島のオンサイト・オフサイトの状況、NUMOが取り組んできている地層処分事業の現状などを紹介しました。 

 

ヴァンナー長官からは、スイスにおける高レベル放射性廃棄物の地層処分場のサイト選定プロセスの概要や、政府が進めている関係自治体住民への説明会にスイスの実施主体NagraとともにENSIが参加していること、地層処分分野に必要な人材育成などのためにモン・テリの岩盤研究所を活用して研究開発を実施していること、早い段階から地層処分のための規制基準を制定してきたことなどについて説明がありました。

 

※写真:右奥からネルソン氏、ヴァンナー氏、ミュラーゲルナーマ氏 

 

ensi.jpg