「『科学的特性マップに関する意見交換会』の参加者募集に関するご報告」について

2017年11月21日

 

「『科学的特性マップに関する意見交換会』の参加者募集に関するご報告」について

 

私どもは、経営理念の行動指針において、『皆様の声を真摯に受け止め、事業を進めます』としていることを踏まえて、政府により放射性廃棄物の地層処分に関する科学的特性マップが公表されたことを受けて、国民の皆様のご意見に耳を傾け、その考えを事業運営に取り入れるために、公正に運営する方針のもと、一般の方に広く開かれた、科学的特性マップに関する意見交換会を各地で開催してまいりました。しかしながら、2017年11月14日に公表しました「『科学的特性マップに関する意見交換会』の参加者募集に関するご報告」にありますように、意見交換会の公正性に疑問を持たれるような参加者募集活動があったことが判明しました。このことにより、国民の皆様にとって大切な放射性廃棄物の地層処分という私どもの事業の推進にとって必須の「皆様の私どもに対する信頼」を損ねただけでなく、原子力行政および原子力事業に対する皆様の信頼を毀損してしまいました。このこと誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。

 

私どもは、過去に遡って事実関係を徹底的に究明して組織の課題を摘出し、かかる事後の再発防止対策を検討する取り組みを、外部有識者で構成される評議員会のご指導をいただきつつ進めていく準備を行っています。

 

なお、すでに開催を公表している意見交換会については、皆様の忌憚のないご意見をいただく極めて重要な機会と考えておりますので、改めて経営理念の行動指針を役職員一同に徹底したうえで公正な運営に努め、予定通り開催してまいります。

 

以 上

 

理事長 近藤駿介