一般社団法人 原子力学会 関東・甲越支部主催【身近なふしぎ探検隊】未来を見据えた原子力オープンスクール2018

2018年8月18日(土)、19日(日)、一般社団法人 原子力学会 関東・甲越支部主催「【身近なふしぎ探検隊】未来を見据えた原子力オープンスクール2018」に「ベントナイト粘土のふしぎ」と題した展示・実験ブースを出展しました。

 

会場は東芝未来科学館 企画展示室で、NUMOは地層処分に関するポスターや模型を展示し、緩衝材の材料として使う不思議な粘土「ベントナイト」を用いた科学実験を体験していただきました。

  

genshiryokuopenschool2018_1 genshiryokuopenschool2018_2
genshiryokuopenschool2018_4 genshiryokuopenschool2018_3

  

当日は多くの親子連れにお立ち寄りいただき、終日大盛況となりました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。