学習支援事業

NUMOでは、地層処分事業を全国の皆さまにご理解いただくため、地層処分に係る学習を希望される団体を対象に支援を行っております。

本事業は、地層処分に関する勉強会や講演会、関連施設見学会等の自主的な学習活動を行う地域団体等を対象に支援するものです。
2019年度も次の2事業で支援を実施いたします。

  • ・選択型学習支援事業(定められた支援メニューから選択する方式の単年度の支援事業)
  • ・自主企画支援事業(企画書方式での複数年度の支援事業)

全国各地でより多くの皆さまに地層処分事業に関するご理解を深めていただくため、年間を通じて随時受付を行います。皆さまのご応募をお待ちしております。

支援の対象

地層処分事業に関して理解を深めたいと考えている地域団体等

支援の内容

<選択型学習支援事業> 

募集枠 100団体
支援期間 支援決定から2020年1月
支援金額 1団体あたり上限100万円
支援メニュー
  • a. 専門家や機構職員の講師派遣
  • b. 地層処分関連施設の見学会
  • c. 情報ツール(パンフレット、チラシ、DVD等)作成支援

<自主企画支援事業>

募集枠
  • [1]1~2年計画(※):50団体/年度(2018年度からの継続事業含む)
  • [2]3年計画:10団体
支援期間
  • [1]支援決定から2020年1月(1年計画)または2021年1月(2年計画)
  • [2]支援決定から2022年1月(3年計画)
支援金額 1団体/年度あたり上限200万円(特に必要と認められた場合に限り、同上限300万円)
支援項目

支援希望団体から提出された活動企画書を外部審査委員からなる選定委員会が審査し、その内容に基づいて支援
(例)勉強会+施設見学会+意見交換会など

※2018年度に募集開始済み

応募方法等

各支援事業の詳細やお申し込みについては以下をご覧ください。

学習支援事業の活動実績

地層処分に係る学習活動のレポートは こちら

「2018年度 学習支援事業の全国交流会」パネルディスカッションの動画は こちら

お問い合わせ先

原子力発電環境整備機構(NUMO)地域交流部 総括グループ(平日10:00~17:00)
Tel:03-6371-4003