Q. 日本学術会議の提言について、NUMOはどのように受け止めていますか?

日本学術会議の提言について、NUMOはどのように受け止めていますか?

この質問に関する回答
この情報は役に立ちましたか?
  • はい
  • いいえ

日本学術会議は、「高レベル放射性廃棄物の処分に関する検討委員会」の回答(2012年9月11日)および「高レベル放射性廃棄物の処分に関するフォローアップ検討委員会」の報告書(2015年4月24日)をそれぞれまとめていますが、いずれも地層処分を前提として考えられているものです。
「処分場が決まるまでの間、地上に安全に保管(暫定保管)した上で、国民と議論を深めつつ、安全性を更に高める技術開発を進めていく」という内容の日本学術会議の提言については、NUMOが目指す方向性と基本的に同じであると考えています。


・日本学術会議のトップページはこちら

・「高レベル放射性廃棄物の処分に関する政策提言-国民的合意形成に向けた暫定保管」(2015年4月24日)のPDFファイルはこちら

よくあるご質問トップに戻る