よくあるご質問

多くの皆さまからいただくお問い合わせをまとめました。
ご質問内容と回答を紹介しておりますので、ご活用ください。

高レベル放射性廃棄物の検索結果37件中21~37件目
「地層処分」とは何ですか?
「地層処分」とは、地下深くの岩盤が持っている「物質を閉じ込める力」を利用し、地下深部の安定した岩盤に高レベル放射性廃棄物と地層処分相当低レベル放射性廃棄物※を...続きを読む
高レベル放射性廃棄物はどのように処分するのですか?
高レベル放射性廃棄物は、地表から300メートル以上の深さの安定した岩盤に地層処分します。
地層処分とは、放射性物質を長期間にわたり私たちの生活環境から...続きを読む
地層処分相当低レベル放射性廃棄物は、どのように処分するのですか?
地層処分相当低レベル放射性廃棄物は、高レベル放射性廃棄物と同様に地下300メートルより深い地層へ処分し、私たちの生活環境から長期間にわたり隔離し閉じ込めます。...続きを読む
「人工バリア」とは何ですか?
地層には放射性物質を閉じ込める機能があり(天然バリア)、さらに放射性物質の閉じ込めをより確実にするためにさまざまな人工的な対策が施されます。この対策を「人工バリ...続きを読む
地層処分事業はどのような流れで行われるのですか?
まず処分地の選定ですが、法律(「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」)に定められた段階的な技術的調査(「文献調査」「概要調査」「精密調査」)を行ない、処分施...続きを読む
花崗岩(カコウ岩)と堆積岩(タイセキ岩)はどちらが安定した地層ですか?
地層処分では、数万年以上の長期にわたり、人間とその生活環境に影響を及ぼさないよう、高レベル放射性廃棄物を安全に隔離し、閉じ込める必要があります。
その...続きを読む
海外ではどのように処分するのですか?
海外でも高レベル放射性廃棄物の地層処分に向けて、処分の実施主体の設立や資金確保等の法整備、処分地の選定、必要な研究開発が進められており、フィンランド、スウェーデ...続きを読む
実際に地層処分が始まっている国はありますか?
海外でも高レベル放射性廃棄物の地層処分に向けて、処分の実施主体の設立や資金確保等の法整備、処分地の選定、必要な研究開発が進められており、規制当局の許認可を受けた...続きを読む
世界各国と協力して処分を進めますか?
現在、日本を含めて、国際的に地層処分を進めることが共通の考え方になっており、海外でも高レベル放射性廃棄物の地層処分に向けて、処分の実施主体の設立や資金確保等の法...続きを読む
先行する外国の技術を使って建設するべきではないですか?
現在、海外でも高レベル放射性廃棄物の地層処分に向けて、処分の実施主体の設立や資金確保等の法整備、処分地の選定、必要な研究開発が進められています。2017年6月現...続きを読む
地層処分は技術的に可能ですか?
これまでの研究開発により、日本においても地層処分に適した場所が広く存在し、 現実的な工学技術により合理的に処分施設を設置できる見通しが得られており、また、安全評...続きを読む
いま、高レベル放射性廃棄物の処分をやらなければいけないのですか?
原子力発電で使い終わった燃料(使用済燃料)を、それに含まれる有用物質を分離して燃料に利用するために再処理するか、再処理せずにそのまま廃棄物として最終処分する(直...続きを読む
地層処分が地上管理より優れている点は何ですか?
地層処分を行う地下深部に比べて地上は、地震、津波、台風等の自然災害や戦争、テロ、火災等といった人の行為の影響を受けやすいため、高レベル放射性廃棄物を数万年以上と...続きを読む
高レベル放射性廃棄物の処分地は決まっているのですか?
現在、日本国内で処分施設の建設可能性を調査する地域を公募している段階です。処分地はまだ決まっていません。
「日本学術会議の提言」とは何ですか?
日本学術会議は、2010年9月7日、原子力委員会委員長から「高レベル放射性廃棄物の処分の取組における国民に対する説明や情報提供のあり方についての提言のとりまとめ...続きを読む
日本学術会議の提言について、NUMOはどのように受け止めていますか?
日本学術会議は、「高レベル放射性廃棄物の処分に関する検討委員会」の回答(2012年9月11日)および「高レベル放射性廃棄物の処分に関するフォローアップ検討委員会...続きを読む
ガラス固化体が4万本に相当する使用済燃料が発生するのは、いつ頃ですか?
ガラス固化体が4万本に達する時期は、原子力発電所の稼働状況によるため、現時点で時期を見通すことは難しいですが、国による最新の「エネルギー基本計画」(2018年7...続きを読む
よくあるご質問トップに戻る