技術報告書「地層処分事業の安全確保(2010年度版) - 確かな技術による安全な地層処分の実現のために - 」を取りまとめました

NUMOでは、「安全な処分の実施に係る技術的信頼性が向上したことを示し、地層処分事業の安全確保に関する説明の技術的拠り所とする」ことを目的に、地層処分事業を実施していく際の安全確保に向けた取り組み方針と、安全な地層処分を支える技術の整備状況を技術報告書「地層処分事業の安全確保 (2010年度版)」として取りまとめました。

 

本報告書は、技術的信頼性などを高めるために、日本原子力学会特別専門委員会および海外の専門家によるレビューを受け、それぞれのコメントを反映して作成したものです。

 

報告書の取りまとめの途中、本年3月11日に、東北地方太平洋沖地震やそれに起因する津波によって、東京電力福島第一原子力発電所の事故が発生しました。この事故の詳細な原因や今後の対策については、現在、国、電力等により調査、検討がなされている所であります。

 

NUMOとしましても、同事故を踏まえ、改めて地層処分事業の安全確保に関する総点検が必要との観点から追加検討を開始しましたが、その検討内容については、時間の関係から、報告書に盛り込むことができませんでした。これにより、今回公表する報告書は、NUMOが設立した2000年以降の技術の進展を2010年の段階で中間的にまとめたものと位置づけることとしました。

 

今後、上記の追加検討結果も含め、新たな技術的知見が得られた場合には、それらに基づく検討を行い、適宜成果を取りまとめて公表していく予定です。

 

>地層処分事業の安全確保(2010年度版)-確かな技術による安全な地層処分の実現のために-
NUMO-TR-11-01