「科学的特性マップに関する意見交換会」の参加者募集に関する調査結果及び再発防止等に向けた提言について

2017年12月27日

原子力発電環境整備機構 評議員会

 

「科学的特性マップに関する意見交換会」の参加者募集に関する調査結果

及び再発防止等に向けた提言について

 

 「科学的特性マップに関する意見交換会」の参加者募集に関する事案について、11月30日に事実関係の究明と再発防止策の検討を目的とした調査チームを設置し、その後、調査チームにおいて調査が進められてまいりました。本日、評議員会は、調査チームから調査結果の報告を受け、それを踏まえて、原子力発電環境整備機構の諮問に対して、調査結果及び再発防止等に向けた提言を答申いたしましたので、お知らせいたします。

 

<参考;調査チーム構成>

(委員長)
   spacer.png 高橋 恭平 氏 昭和電工株式会社 相談役
原子力発電環境整備機構評議員会議長
(委 員:五十音順)
   spacer.png 加々美 博久 氏 加々美法律事務所 弁護士
   spacer.png 城山 英明 氏 東京大学大学院法学政治学研究科
公共政策大学院 教授
原子力発電環境整備機構評議員
   spacer.png 鳥井 弘之 氏 原子力発電環境整備機構 非常勤監事
日本経済新聞社 社友(元論説委員)


以 上 

添付資料1:調査報告書

添付資料2:再発の防止及び組織の改革に向けた提言】 

※2018年1月19日:誤記修正のため、【添付資料1:調査報告書】を差替え