NUMOトップ  >  トピックス  >  2013年度  >  2012年度NUMO「モニター制度」の実施結果について

2012年度NUMO「モニター制度」の実施結果について

この度、モニターの皆さまからいただいたご意見をはじめ、実施結果についてまとめましたので、以下のとおりお知らせします。

当機構では、地層処分事業について全国の皆さまにご理解いただくため、ワークショップをはじめとする草の根活動やメディアを活用した広報など、さまざまな取り組みを実施しております。

そうした活動の一環として、2012年度には、全国の皆さまから地層処分事業に対する率直なご意見をいただき、各種の取り組みや広報ツールに反映するため、新たにNUMO「モニター制度」を創設・運営いたしました。

当機構といたしましては、いただいた貴重なご意見を事業に反映し、全国の皆さまに地層処分事業についてよりご理解いただけるよう、今後とも積極的にご理解活動を展開してまいります。

1 NUMO「モニター制度」の概要

内 容 備 考
登録人数 全国計200名
  • インターネットモニターを通して募集し、性別、年代別、地域別等均等になるように設定
  • よりご意見をいただきやすい場をつくるため、匿名でモニターを募集
実施内容 当事業に関するインターネット調査を2回、意見交換会を2回実施
  • 各種広報資料(パンフレット、DVD、ホームページ、ワークショップ)について実際にご覧になっていただき、ご意見を収集
任 期 1年 2012年9月~2013年3月

2 モニターの皆さまからいただいた主なご意見(詳細別紙参照)

  • 「地層処分が理解できた」というご意見をいただく一方、「専門用語が多く、分かりにくい」、「地震等自然災害や、地層処分後将来にわたる安全性の説明が不足」といったご意見をいただきました。
  • いただいた貴重なご意見は、パンフレット等各種広報資料に検討・反映し、全国の皆さまに地層処分事業をよりご理解いただけるよう取り組んでまいります。

別紙:2012年度NUMO「モニター制度」においていただいた主なご意見について pdf

以上

ページTOPへ