地下300mの世界地下300mの世界

タイムカプセルを埋めたことはありますか?

未来に向けて過去を伝えてくれるタイムカプセル。

実は、自然界にも「タイムカプセル」があるのです。
そしてその年数は桁違い。
何百万年も昔の物がかつての姿のまま残っていたという事例があります。

私たちの暮らす地上では、
あらゆるものが目まぐるしく姿を変えます。

野原は人の開発によって街になり、
硬い岩も何千年・何万年と
時を重ねるにつれて風化していきます。

どのような工夫をすれば、
何千年・何万年と物を保存できるのでしょうか?

採石場で見つかった
200万年前の木⁉

1970年代、イタリアの採石場で直立姿勢のまま粘土に埋もれていた木の根と幹が発見されました。

木はノコギリで切れるほどの良い保存状態にありながら、その年代を測定すると、なんと約200万年以上も前のものであることが分かったのです。

採石場で見つかった200万年前の木

自然のタイムカプセル

採石場は、かつては沿岸湖の沼地でした。
そこには木が何本も生えていましたが、湖と近隣沿岸から粘土が堆積したことで、生木のまま埋まってしまったと考えられています。

地中では主に水と酸素によって物質が劣化しますが、粘土には“水を通しにくい”という性質があるため、
粘土に埋もれた生木は水に触れて劣化や化石化することなく、約200万年もの間、その状態を維持していたのです。

地下は
長期保存に適した環境

地上と地下深部の対比

イタリアの採石場で偶然発見された約200万年前の木々は、人によって多くが切り倒されてしまいました。
地上は地下よりも風化などの自然現象や自然災害のほか、人間活動の影響も受けやすいため、物質を長期間保存することは困難です。

一方で地上から遠く離れた地下深部には、物質が動きにくく、酸素が少ないことから劣化しにくいという性質があるため、何千年・何万年と大きく環境が変化していない場所が多く存在しています。

出典:放射性廃棄物管理 のためのアナログカタログ (和訳版)(NUMO,2019)

長期保存のための
POINT

  • 物質は酸素と触れることで劣化する
    (化学反応)
  • 地下深部は地上から隔離されているため、人による影響を受けにくい
  • 地下深部には数万年以上も環境が
    安定している場所が多く存在する

粘土の“水を通しにくい性質”
活用した「地層処分」

地層処分

今、日本を含む世界の国々で、「地層処分」の実現に向けた取組みが進められています。

「地層処分」とは、原子力発電に伴って発生した廃棄物を地下深くの安定した岩盤に埋設する処分方法です。

原子力発電で使い終えた燃料(使用済燃料)の中には、まだ使える燃料がたくさん残っているので、
日本ではこれをリサイクルして再び燃料として利用することにしています。

使用済燃料をリサイクルする過程で残る放射能レベルの高い廃棄物を「高レベル放射性廃棄物」といいます。

地層処分

安全に隔離し続けるために

高レベル放射性廃棄物は、数万年以上にわたって放射能が残るため、人間による直接の管理を必要としない最終処分を行うべきであるとの考えから、日本で原子力発電を始める以前より、様々な方法が国際機関や世界各国で検討されてきました。

高レベル放射性廃棄物の破棄方法

地層処分の方法

地層処分の方法

地層処分は地下深部の“物質を閉じ込める”
“地上から隔離する”という性質を活用した処分方法ですが、物質を閉じ込める性能をより高めるために、人工的なバリアを施してから高レベル放射性廃棄物を埋設します。

ガラスと融かしあわせて作られたガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)が地下水に接触しないよう、厚さ約20cmのオーバーパックと呼ばれる金属製容器に封入し、厚さ約70cmの粘土で覆ったうえで、地表から300m以上深い安定した岩盤に埋めます。

この時使う粘土は「ベントナイト」といい、水に触れると膨張し水が通りにくくなる性質をもっています。

地層処分の方法

将来に
先送りしないために

日本にある高レベル放射性廃棄物は、既にある使用済燃料をリサイクルすることによって発生するものを含めると、ガラス固化体で約26,000本分(※)になります。

しかしこれを地層処分する場所は、まだ決まっていません。

廃棄物を発生させた現世代として負担を将来世代に先送りにしないよう、
みなさんも一緒に考えていきませんか。

※2022年3月時点

イチから知りたい!地層処分と文献調査イチから知りたい!地層処分と文献調査

タイアップ記事

Channel NUMO

  • 地下350mで地層処分の研究を行う施設を探検!

    地下350mで地層処分の研究を行う施設を探検!
  • 地下350mの世界を体験!
    幌延深地層研究センターVRツアー

    地下350mの世界を体験!<br>幌延深地層研究センターVRツアー
  • オンカロを訪ねる

    オンカロを訪ねる

Instagram

Official Account
2022.11.24
-
イチョウは化石植物のひとつで、
生きた化石と呼ばれているよ。
その起源は、恐竜のいた時代よりももっとずっと前で、
約2億年前には世界にたくさんの種類があったんだって。

恐竜もイチョウ並木や黄色いじゅうたんにうっとりしていたのかな~

#イチョウ #イチョウ並木 #黄色い絨毯 #生きた化石 #化石植物 #恐竜 #もみじ#紅葉 #🍁 #学びの秋 #グーモ #ぬい撮り #ぬいどり #ぬいすたぐらむ #ぬい撮り部 #ぬい撮り写真部 #ぬいぐるみ #グーモぬい #地層処分 #NUMO
2022.11.17
_
【NUMOについてご紹介💡シリーズ】

ガラス固化体って、どこにあるの?
イラストを添えて分かりやすくガラス固化体についてご説明します。

#💡 #原子力発電 #原子力発電所 #燃料 #リサイクル #♻️ #ガラス固化体 #高レベル放射性廃棄物 #どこ #青森県六ヶ所村 #30年から50年 #自然の空気 #冷却 #25年以上 #保管 #厚さ #2m #コンクリート #放射線 #遮蔽 #管理施設 #電気のごみ #エネルギー #エネルギー問題 #社会問題 #勉強の秋 #NUMO #グーモ #もぐら #地層処分

======
NUMOや地層処分についてもっと知りたい方は
→@numo.jp
のプロフィール欄URLからご覧ください。
2022.11.10
-
【壁紙シリーズ】
11月の壁紙ができました🌰
ぜひ保存してね!

(保存方法はこちら👇)
・ストーリーを長押し→スクショ
・ハイライトの壁紙から長押し→スクショ
-
おなかペコペコ
-
#🌰 #栗 #🍠 #おいも #いもくりかぼちゃ #食欲の秋 #実りの秋 #イラスト #待ち受け #壁紙 #NUMO #グーモ #もぐら #地層処分
2022.11.08
-
11/8はいい歯の日なんだって!
歯磨きしようね🦷

@numo.jpでは、地層処分事業について分かりやすく紹介した投稿も行っているよ

歯も知識も、どっちも磨こう!✨

#歯 #🦷 #✨ #良い歯の日 #歯みがき #歯磨きデビュー #自分磨き #勉強の秋 #グーモ #ぬい撮り #ぬいどり #ぬい撮り部 #ぬいすたぐらむ #ぬいぐるみ #グーモぬい #地層処分 #NUMO
2022.11.04
-
NUMOのマスコットキャラクター グーモのぬいぐるみができました。

今日がデビューだよ。みんなこれからよろしくね💙

#グーモ #もぐら #はじめまして #これから #よろしく #フォローミー #デビューしました #初登場 #ぬい撮り #ぬいどり #ぬいすたぐらむ #ぬいぐるみ #グーモぬい #地層処分 #NUMO
2022.11.01
_
【壁紙シリーズ】
11月のカレンダーができました🍁🍂
ぜひ保存してね!

(保存方法はこちら👇)
・ストーリーを長押し→スクショ
・ハイライトのカレンダーから長押し→スクショ

#11月#秋#紅葉#🍁#イチョウ#落ち葉拾い#秋を感じる#イラスト#待ち受け#スマホ#壁紙#スマホ壁紙#カレンダーイラスト#今月のカレンダー#カレンダー#NUMO#グーモ#もぐら#地層処分
2022.10.27
_
【鉱石紹介シリーズ】

そんなにじ~っと何を見ているの?👀

<ローズクォーツ>
ピンク色の水晶。
このピンク色は、鉄、マンガン、酸化チタンなどを成分に作られています。
石言葉は、「愛」「優しさ」「母性」「美」❤
ローズクォーツという名前は、
ギリシャ神話で愛と美の女神とされるアフロディーテに贈られたバラに由来しているそうで、
アフロディーテの石、愛の石とも言われています!

見てるだけで温かい気持ちになってくるね!

#ローズクォーツ#紅水晶#ピンク#天然石#パワーストーン#ラブストーン#愛を育む石#ラフロック#鉱物#宝石#💎#✨#綺麗な石#綺麗な石探し#NUMO#グーモ#もぐら#地層処分
2022.10.25
_
【NUMOについてご紹介💡シリーズ】

ガラス固化体って、どれくらいあるの?
イラストを添えて分かりやすくガラス固化体についてご説明します。

#💡 #原子力発電 #原子力発電所 #燃料 #リサイクル #再処理工場 #再処理 #ガラス固化体 #高レベル放射性廃棄物 #どれくらい #処分施設 #40000本以上 #日本人 #日本人1人 #80年間 #ゴルフボール #3個分 #ゴルフボール3個 #体積 #電気のごみ #エネルギー #エネルギー問題 #社会問題 #勉強の秋 #NUMO #グーモ #もぐら #地層処分

=================

NUMOや地層処分についてもっと知りたい方は
→@numo.jp
のプロフィール欄URLからご覧ください。