• 原子力発電所で使われた燃料(使用済燃料)を再処理し、再利用できるウランやプルトニウムを取り出した後に残る、再利用できない放射能レベルの高い廃液をガラス原料と高温で融かし合わせ、ステンレス製の容器(キャニスター)の中で冷やし固めたものを「ガラス固化体」といいます。
    日本では、この「ガラス固化体」のことを「高レベル放射性廃棄物」といいます。

     

    ガラス固化体の発生