• 現時点では、複数の施設の建設は想定していません。
    国の計画に基づき、NUMOとしては、処分費用のスケールメリットを考慮して、ガラス固化体を4万本以上処分できる施設を1箇所建設することとしています。