• 地層処分事業で必要となる費用には、埋設する本数に関わらず必要となる費用(固定費)と、本数に比例する 費用(変動費)があります。

     

    処分施設の規模とガラス固化体(1本)当たりの処分費用との関係について分析したところ、4万本程度以上であれば処分単価は処分施設の規模にほとんど影響されなくなる(処分費用はほとんど変わらなくなる)ことから、4万本を前提として設定しています。