地層処分 NUMO ニューモ 原子力発電環境整備機構 Nuclear Waste Management Organization of Japan 地層処分 NUMO ニューモ 原子力発電環境整備機構 Nuclear Waste Management Organization of Japan

home > 文献調査の状況

文献調査の状況

2020年11月17日、NUMOは北海道の寿都町および神恵内村において文献調査の実施に着手しました。

文献調査は、地域のみなさまが地層処分事業について議論を深める上で役立てていただけるよう、全国規模の文献・データに加えて、地域の地質に関する文献・データを調査・分析して、情報提供を行うもので、いわば対話活動の一環と考えています。

地層処分事業をより知っていただくとともに、更なる調査を実施するかどうかを検討していただくための情報を集めるものであり、ボーリング等の現地調査は行いません。

NUMOは、全国のみなさまに地層処分の仕組みや日本の地質環境などについてご理解を深めていただくとともに、さらに多くの自治体で文献調査を受け入れていただけるよう、引き続き全国での対話活動に取り組んでまいります。

文献調査実施中の地域

寿都町の位置

これまでの経緯

 

今後の予定

・文献を引き続き収集していきます

NUMOは、文献調査の開始以降、寿都町およびその周辺の地熱資源図、鉱物資源図、地質図など様々な文献を収集し、それらに記載されている情報の確認を順次行っています。
また、さらに必要な文献を明らかにしながら、このような文献を引き続き収集していきます。

・町内にNUMOのコミュニケーションの拠点を開設します

町のみなさまからの様々なご質問やお問い合わせに、いつでもお応えできるよう、NUMO職員が常駐するコミュニケーションの拠点を町内に開設する準備を進めています。事業に関してご不明な点があれば、お気軽にお立ち寄りください。

・「対話の場」が開始されます

町のみなさまに、地層処分事業をより知っていただけるよう、地層処分事業の内容をお伝えしたり、文献調査の進捗などをご説明します。また、地域の経済発展ビジョンなどについて議論をする上で必要な様々な情報を提供させていただきます。
※開始時期については、新型コロナウイルス感染拡大状況なども見極めながら、準備が整い次第となっております。

この「対話の場」を起点に、町内での説明会や子ども向けの説明、さらには関連施設の視察等、町のみなさまのご希望に合わせて取り組んでまいります。

※写真はイメージです

NUMOでは、町のみなさまの地層処分事業に対する不安や心配、知りたいことなど、必要な情報提供などに努めてまいります。

神恵内村の位置

これまでの経緯

今後の予定

・文献を引き続き収集していきます

NUMOは、文献調査の開始以降、神恵内村およびその周辺の地熱資源図、鉱物資源図、地質図など様々な文献を収集し、それらに記載されている情報の確認を順次行っています。
また、さらに必要な文献を明らかにしながら、このような文献を引き続き収集していきます。

・村内にNUMOのコミュニケーションの拠点を開設します

村のみなさまからの様々なご質問やお問い合わせに、いつでもお応えできるよう、NUMO職員が常駐するコミュニケーションの拠点を村内に開設する準備を進めています。事業に関してご不明な点があれば、お気軽にお立ち寄りください。

・「対話の場」が開始されます

村のみなさまに、地層処分事業をより知っていただけるよう、地層処分事業の内容をお伝えしたり、文献調査の進捗などをご説明します。また、地域の経済発展ビジョンなどについて議論をする上で必要な様々な情報を提供させていただきます。
※開始時期については、新型コロナウイルス感染拡大状況なども見極めながら、準備が整い次第となっております。

この「対話の場」を起点に、村内での説明会や子ども向けの説明、さらには関連施設の視察等、村のみなさまのご希望に合わせて取り組んでまいります。

※写真はイメージです

NUMOでは、村のみなさまの地層処分事業に対する不安や心配、知りたいことなど、必要な情報提供などに努めてまいります。